ジオン好きの日記帳
ただのジオニストが遺す日記。 結構前からガンダムネタがない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪華絢爛なお話-第9話「夜明けが見えた」
ニュース:
 ・火星衛星が撤収
 ・ノアキスで350万人が餓死

 舞踏再開・・・

 今日も今日とて第6世界に介入。
 火星の民のためにも、一刻も早く自分の存在意義を抹消せねば。


現地時間:2253/04/28

 夜明けの船に戻ってくると、地球に出向していたポー教授が帰還していた。
 地球との同盟という手土産を持って。
 やるじゃないか、教授!
 TV局の制圧ばかり提案していい印象が無かったが、見直したぞ!
 祝わねば!

 よし、ちょうど浮上中だし海でも見に行くか!

 どぼーん

 教授は一回転して海に落ちていった。
 やー、楽しいですな。

 ニュースを見ると火星衛星が撤兵していた。
 コメンテーターによると、火星独立軍が行ってきた政治活動が実を結んだらしい。
 早速同盟効果が出るとは、恐るべし地球。
 そして教授の政治手腕。

現地時間:2253/05/01

本日のニュース:
 ・ノアキスで510万人が餓死

 敵との戦闘をこなしていると、いつの間にか5月になっていた。
 その過程でヤガミタキガワを奪った第5異星人の旧式艦隊と遭遇し、抹殺してやった。

 あれからパイロットは補充していない。
 もう仲間を失うのは沢山だ。
 こらからは俺とマイケルでみんなを守る。

 今日の戦闘でも一発貰っただけで夜明けの船が撤退するだのぬかしやっがた。
 相手はたったの2隻なのに。

 なんだ、その逃げ腰は!
 一体どうしたって言うんだ、エリザベス

 は!?

 そもそもあいつが撤退するとか言わなきゃあの二人は死ななかったじゃないか!
 くそ、腹が立ってきた。
 奴をパイロットに仕立てて謀殺するか!?
 2人死んでるんだからもう1人死んでも大差なかろう・・・って

 何を考えているんだ、俺は!?
 そんな事をして、あの2人が喜ぶとでも?
 仲間を殺すなんて・・・
 俺は、最低だ・・・


 邪念を振り払うかの如く戦闘に没頭する。
 艦隊の数が少ないと言うのに今日はやけに遭遇する。
 良い事だ。

 月降下軍や光国軍を立て続けに撃墜する。
 そしてニュースを見てみると・・・

 月が火星から撤兵
 光国軍が火星から撤兵


 やったーーー!

 2つの勢力を一気に追い出してやった。
 月は単純な戦力低下からだが、光国は政治的な活動が実を結んだらしい。
 こうも地球との同盟が効果的とは、何でもっと早く政治に本腰を入れなかったんだ。
 やっぱり外交が一番だね・・・

 とにかく、これで残っているのは第5異星人と宇宙都市の艦隊のみである。
 地図上を見渡す限り、残っている赤点は3つ。

 近い、近いぞ!
 火星の夜明けはもうすぐそこだ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ジオン好きの日記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。