ジオン好きの日記帳
ただのジオニストが遺す日記。 結構前からガンダムネタがない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結城が
 ついさっき、結城が死んだ。
 浸透突破作戦だった。

 形勢が不利になって友軍や機体を失った先内達が撤退をしていた。
 その撤退を支援するために、烈火を装備した結城火焔は単身ヴィーヴルやうみかぜゾンビの攻撃を受け止め、小隊長である自分は狙撃兵として敵の射程外から攻撃を行っていた。

 楽観していた。
 烈火装備の結城ならそれくらい問題ないと踏んでいた。
 だが現実は甘くなかった。

 その戦闘で結城火焔は戦死した。

 休み時間に強引に腕を引っ張って体育館裏に連れ込んで付き合ってくれと言ってくれた人物だった。
 付き合っているというのに何もしてやれなかった。

 毎日猫と戯れていた。
 思えば猫に乗って出撃したがために窮地に陥った。
 どんなに猫が強いといっても対空戦力が欲しいこの時期に動物兵器よりも人型戦車の方が適任だった。

 しかし、猫は強いんだ。
 どんな動物兵器よりも強いんだ。
 ネコパンチはライフルやミサイルよりも強いんだ。
 わかってくれるな。

 安らかに眠ってくれ。
 ゴッドスピード・結城火焔。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ジオン好きの日記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。