ジオン好きの日記帳
ただのジオニストが遺す日記。 結構前からガンダムネタがない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダム考察-8時限目 科学・技術②「ラグランジュポイント」
 みなさんは、疑問に思ったことはありませんか?
 どんな物体であろうと、宇宙では他から力が加わらない限り、慣性によって永遠に移動し続けるはず。
 それなのに宇宙には暗礁宙域と呼ばれる、さまざまなゴミが溜まっている場所が存在します。

 なぜだ!?

 それはラグランジュポイントというものが存在するからです。

 今回はコロニーにも深く関わってくるラグランジュポイントについてです。
 ラグランジュポイントというのは、宇宙空間を運動する2天体の相互の位置が決定している場合に、その2つの天体に対する第3の天体の軌道を安定させる点のことです。

 つまり、地球と月のようにお互いに位置関係が決まっている天体同士が互いに引っ張り合うことで、引力あたりが安定し、そこに存在するものの位置が安定するということです。

 月と地球間にはラグランジュポイントが5つ存在し、L1~L5と呼ばれています。
 コロニーもそこに建造されており、いちいちブースターとかを使わなくても位置が安定するようになっています。

 L1にはサイド4とサイド8、L2にはサイド3、L3にはサイド7、L4にはサイド2とサイド5、そしてL5にはサイド1とサイド6が存在しています。

 暗礁宙域やアステロイドベルトのようなものは、こういった原理で同じ場所に溜まっているのです。

 ちなみに、ラグランジュポイントやAMBAC(そのものというより、その理論)は実在するものです。
 念のため。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ジオン好きの日記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。