ジオン好きの日記帳
ただのジオニストが遺す日記。 結構前からガンダムネタがない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪華絢爛なお話し-第10話「愛・戦士」
ニュース:
 ・アルギュレで100万人が餓死
 ・冥王星で600万人以上が餓死

 舞踏再開・・・

 敵が減り、戦闘が激減してきたのでここいらで少しラブコメ路線に行ってみようと思う。
 ターゲットは口説いて以来疎遠になってしまった我らがアイドル、東原恵である!
現地時間:2253/05/05

 早速彼女の働いている医務室へと走った。
 すると彼女の方から歩いてきてくれたではないか。
 さすがはブルーヘクサ、シンパシーか!?

 よし、恵攻略作戦始動である。

 まずは相手の気持ちをチェック。
 口説くまではユーモア、ボキャブラリに溢れる紳士として接していたため、友情・性愛・親愛が400以上と優良な関係となっている。
 問題は嫌悪だが・・・

 おや?
 下がってるぞ?

 ふむ、その時は嫌だったが思い出が勝ったと言った所か。
 よ~し、アタックだ!
 急いでも空回りするだけなので今回は軽く仲良くなる程度に留めよう。

 希望の戦士「やぁ、。上機嫌だね、何かいい事でもあったのかい?」

 「はい。実は~なことがあったんです」

 希望の戦士「そうか、それは良かったね。それはそうと、少し頼まれてくれないかい?」

 「駄目です」

 ・・・

 希望の戦士「少し頼まれてくれないかい?」

 「…いいですよ」

 希望の戦士「実は、マッサージをして欲しいんだ」

 「あの、BALLS達が私を呼んでいるんで、失礼します」

 ・・・

 ・・・

 何故だ!?

 嫌われてはいないはず。
 タイミングがまずかったか?それとも雰囲気?

 希望の戦士をまじまじと見つめた。

 「あの、どうかしたんですか?」

 希望の戦士「な、何でもない」

 「?」

 ち、駄目か。ならば!

 希望の戦士「・・・・・・・・・・・」

 希望の戦士はじっとを見つめている。
 目をそらした

 しまった!

 嫌悪値急上昇。
 まずい・・・
 このままではマイナスのイメージが着いてしまう。
 何とかせねば・・・

 ところが、もう一度マッサージを頼んでみるとすんなりOKをもらえた。
 何だったんだ、今のやり取りがバカみたいじゃないか。
 とにかく、早速二人で自室へ。
 いつもどおりマッサージをしてもらう。

 マッサージが終わるとが何やら顔を赤らめている。
 
 希望の戦士「・・・・・・・・・・・」

 希望の戦士はじっとを見つめている。

 「何ですか?」

 希望の戦士はうっとりするような言葉を並べて口説いた。

 「そんな言葉を並べるより、素直に気持ちで伝えてください。その方が私にはわかるから・・・」

 希望の戦士「!?」

 予想外の言葉に希望の戦士は呆気に取られた。

 まずい、何でそこで呆気に取られるんだ!
 が傷付くだろ!

 「好き…です。ずっと…隠しておこうと思ってました。でも、もうこの気持ちに…嘘はつけません…」

 なにーーーーー!?

 すると今までのは、自分の気持ちに気付かれまいとして・・・

 行け!希望の戦士
 ここは行くしかない!

 希望の戦士は昼寝に誘った。

 「…はい」

 ・・・

 なんか、ドラマとか映画のクライマックスを見てるような気になってきた。
 ところが・・・

 希望の戦士、張り切りすぎて失敗。大人技能は磨かれなかった。

 こらーーーーーー!

 希望の戦士はひたすら謝った。

 「いまさら謝るなんて、卑怯です」

 彼女は去っていった。
 まったく、彼女の勇気を台無しにして・・・

 去り往く彼女を何気なく観察してみると恥ずかしそうにモジモジしていた。
 羞恥がMAX状態。
 そんなに怒ってはいないようである。
 うむ、本当にドラマや漫画を見ているようである。


現地時間:2253/05/07

 いつの間にか7日になっていた。
 今日は少しでも夜明けの船の食糧事情を悪化させるべく、一日中食堂に入り浸って飯を食い続けた。
 いつまで経っても、いい飯が出てくる。
 これは協力者が必要だなと辺りを見回すと・・・

 知恵者発見。
 彼は一日の大半を食堂で過ごしている貴重な人材である。
 彼には穀潰しという職を与えているため、特別に部署には配置していない。

 そんな彼に身の上話を聞いてみた。

 知恵者「色々な世界を巡ってきた。巡り巡って結局、最強はただの人間だと気付いた」

 知恵者「ゲームをクリアーしろ、人間。世界最高難度のゲームだが、ただの人間にそれができぬはずが無かろう?」

 言われなくとも!
 このゲームを遊びつくして見せるさ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ジオン好きの日記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。